薬屋アニメedが合わない理由5選!「アイコトバ」は微妙~解釈違い

スポンサーリンク

アニメ「薬屋のひとりごと」のエンディング曲「アイコトバ」が「イメージと違う」「作品に合わない」「微妙」と話題になっています。

アニメ「薬屋のひとりごと」ed曲に厳しい評価をしているのは、原作からのファンが多いようです。

なぜ原作ファンは主題歌「アイコトバ」が「合わない」と感じたのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「薬屋のひとりごと」ed曲「アイコトバ」とは?

アニメ「薬屋のひとりごと」のエンディング曲は「アイコトバ」


アイナ・ジ・エンドさんの歌う曲です。

アイナ・ジ・エンドさんは、28歳の歌手。「機動戦士ガンダム 水星の魔女」や「金木犀」などの曲で有名です。

スポンサーリンク

アニメ「薬屋のひとりごと」エンディング曲が「合わない!」の声多数

アニメ「薬屋のひとりごと」のエンディング曲「アイコトバ」が「イメージと違う」「作品に合わない」と話題になっています。どのような声があるのでしょうか。

「薬屋のひとりごと」OPと共に作品に「合わない」の声が多いです。

薬屋のひとりごとOP感想「違う」!「花になって」映像もひどくて違和感
2023年10月22日に放送が始まったアニメ「薬屋のひとりごと」。 原作小説&コミックが人気でアニメ化待望の作品だったので、アニメ化と共に主題歌にも期待が集まっていました。 それだけに、初回「猫猫(マオマオ)」で放送されたオープニングソング「花になって」に、「違和感がある」「ひどい」「なんか違う」という感想をもった方が多いようです。 アニメ「薬屋のひとりごと」OP感想→違和感!ひどい!違う!が多数 薬屋のひとりごとなんだけど、オープニング曲がなんか違うんだよなぁと感じてしまう — Mia' Molkot @unicorn(抹茶ラテ) (@mi_mi_piyu) October 21, 2023...

特に原作からのファンの方が「エンディング曲は合わない」と感じているようです。

スポンサーリンク

原作からのファンは、なぜed曲が「合わない」「微妙」と感じたのか。理由5選!

なぜ、原作「薬屋のひとりごと」のファンは、ed曲「アイコトバ」が作品に合わないと感じたのでしょうか。

理由を5つにまとめました。

①歌詞が猫猫らしくない&「恋愛要素」高すぎ
②歌詞と映像が合っていない&微妙
③映像が解釈違い・薬屋イメージと違う
④アイナ・ジ・エンドの声が苦手
⑤出てくるキャラが少ない

それでは、一つひとつ見てみましょう。

edが合わない理由①歌詞が猫猫らしくない&「恋愛要素」高すぎ!

やはり、一番は「歌詞が薬屋らしくない」ということですね。

そもそも「薬屋のひとりごと」は、恋愛要素の強い作品ではありません。小説は14巻まで出ていますが、猫猫と壬氏の絡みは本当に少ない

毒やら薬屋ら事件やら、他の姫や武官やらのごたごたも多い。

後宮を舞台にしながらも、恋愛要素をあえて前に出さないことで、成功した作品ともいえます。

それなのに感情表現が強く、「恋愛小説」のようなedになってしまっていることに原作ファンは違和感を感じているようです。

「アイコトバ」は、「合言葉」と「愛言葉」をかけているのだと思うのですが、原作ファンはこのタイトルからして、拒否反応が出てしまうのかもしれませんね。

edが合わない理由②歌詞と映像が合っていない&微妙

エンディング曲「アイコトバ」の背景は、花と猫猫が漂っているだけの映像。

意味深ではありますが、この映像に「物足りなさ」を感じた人も多いようです。

edが合わない理由③映像が解釈違い・薬屋イメージと違う

エンディングの映像自体が、薬屋のひとりごとの世界観にあっていない、という声もあります。

毛毛(マオマオ)は、後に後宮で猫猫(マオマオ)が拾い、藪医者が飼う猫の名前です。

薬屋のひとりごとの作者・日向夏先生が猫好きということもあり、お話の中では重要な役割をします。

毛毛が歩く映像→最後に猫猫が毛毛を抱き上げる映像、とかでも良かったかもしれませんね。

edが合わない理由④アイナ・ジ・エンドの声が苦手

これは好き嫌いがあるので仕方がないかもしれませんが、「アイコトバ」を歌っているアイナさんの声がそもそも苦手・・・という方もいるようです。

深夜に少しキンキンしたアイナさんの声は、辛いかもしれませんね。

edが合わない理由⑤出てくるキャラが少ない

opの映像が猫猫メインだったので、edはいろいろなキャラクターを出してほしかった、という声もあります。

後宮を舞台にした小説では、登場人物がそれほど多くないものもありますが、「薬屋のひとりごと」は登場人物がたいへん多い作品

そしてどの登場人物も、作中では重要な働きをし、丁寧に描かれています。

せっかく魅力的な登場人物が多いのだから、opやedにも出してほしい!という声があるのもうなずけます。

また、毒や薬草・生薬をテーマにした作品であることから、猫猫の好きな毒や薬草・生薬をテーマにした歌や映像でもよかったのではないか、と思います。

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごとedを高評価する声も

しかしながら、薬屋のひとりごとエンディング曲「アイコトバ」は、酷評ばかりではありません。

アイナさんの歌声や、映像を、高評価する声も多いです。

「アイコトバ」を薬屋エンディング曲として高評価している方は、もともとアイナさんのファンだった方が多いようですね。

スポンサーリンク

薬屋アニメedが合わない理由5選!「アイコトバ」は微妙~解釈違いまとめ

アニメ「薬屋のひとりごと」のエンディング曲「アイコトバ」が、作品に合わないと話題になっています。

①歌詞が猫猫らしくない&「恋愛要素」高すぎ
②歌詞と映像が合っていない&微妙
③映像が解釈違い・薬屋イメージと違う
④アイナ・ジ・エンドの声が苦手
⑤出てくるキャラが少ない

しかし、もともとのアイナさんのファンからは、「アイコトバ」に絶賛の声が集まっています。

薬屋のひとりごとOP感想「違う」!「花になって」映像もひどくて違和感
2023年10月22日に放送が始まったアニメ「薬屋のひとりごと」。 原作小説&コミックが人気でアニメ化待望の作品だったので、アニメ化と共に主題歌にも期待が集まっていました。 それだけに、初回「猫猫(マオマオ)」で放送されたオープニングソング「花になって」に、「違和感がある」「ひどい」「なんか違う」という感想をもった方が多いようです。 アニメ「薬屋のひとりごと」OP感想→違和感!ひどい!違う!が多数 薬屋のひとりごとなんだけど、オープニング曲がなんか違うんだよなぁと感じてしまう — Mia' Molkot @unicorn(抹茶ラテ) (@mi_mi_piyu) October 21, 2023...
薬屋のひとりごとOP「花になって」の歌詞&映像の意味!※ネタバレ注意
2023年10月22日放送開始のアニメ「薬屋のひとりごと」。 初回放送のしょっぱなから流れたOPに注目が集まっています。 緑黄色社会「花になって」の歌詞と、映像の意味について解説します。 ※小説14巻までの内容を含みます。ネタバレ多め。注意です! 薬屋のひとりごとOP「花になって」の歌詞&映像の意味を考察! 「つぼみのような花だってあんじゃない?」 陰にそっと隠れようがいんじゃない? つぼみのような花だってあんじゃない? で始まるオープニング。背景には、次から次へと花が咲き、散っていきます。 この映像は、「後宮の花」を表現しています。 後宮は、帝の子を育むことろ。その妃となる女性たちは次々に現...
薬屋アニメ4話の作画崩壊はなぜ?1話~3話との比較画像がヤバい!
2023年10月放送開始のアニメ「薬屋のひとりごと」 第3話のラストに放送された第4話「恫喝」の予告を見た人たちからは「作画崩壊がヤバくて残念」の声が多く上がっています。 アニメ「薬屋のひとりごと」は、第4話にして早くも作画崩壊してしまったのでしょうか。検証してみました。 早くも作画崩壊?!アニメ「薬屋のひとりごと」第4話を心配する声 10月22日に初回放送されたアニメ「薬屋のひとりごと」。 初回3話一挙放送ということもあり、深夜に放送するにはもったいないくらいの作画クオリティに注目が集まっていました。 それだけに第3話のラストに放送された「第4話の予告」の映像に「作画崩壊」を残念がる声も集ま...
【画像】薬屋アニメで猫猫が小指を見つめる理由!指の変形原因は「虐待」
アニメ「薬屋のひとりごと」では、猫猫が自分の左手の小指を見つめるシーンが印象的です。 今回決定している薬屋アニメの放送は2クール(24話)ということで、原作を知っているファンからは、猫猫の父と母の出会い~猫猫の出生までが最終的に描かれるのではないか?と噂になっています。 【画像】アニメ「薬屋のひとりごと」で、猫猫が小指を見つめるシーンが話題に アニメ「薬屋のひとりごと」第1話・3話では、猫猫が自分の小指を見つめるシーンが印象的で、話題になっています。 薬屋のひとりごとのアニメ良かった ちょこちょこ猫猫の小指見る動作が、今後の展開考えると布石的に描いてるんだなぁと思った — 茄子男 (@nasu...
スポンサーリンク
アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
umi-necoをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

error: クリックできません。