【画像】薬屋アニメで猫猫が小指を見つめる理由!指の変形原因は「虐待」

スポンサーリンク

アニメ「薬屋のひとりごと」では、猫猫が自分の左手の小指を見つめるシーンが印象的です。

今回決定している薬屋アニメの放送は2クール(24話)ということで、原作を知っているファンからは、猫猫の父と母の出会い~猫猫の出生までが最終的に描かれるのではないか?と噂になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【画像】アニメ「薬屋のひとりごと」で、猫猫が小指を見つめるシーンが話題に

アニメ「薬屋のひとりごと」第1話・3話では、猫猫が自分の小指を見つめるシーンが印象的で、話題になっています。

スポンサーリンク

【画像】猫猫の小指が変形した原因は「母親による虐待」

猫猫の左手が映るシーンをよく見てみると、左手の小指の先が変な方向に曲がっています。

別の回で猫猫が左手小指を見つめるシーンでも、曲がり方が変ですね。

「ただの作画ミス」という訳ではなさそうです。

原作小説「薬屋のひとりごと」では、猫猫は生まれてすぐ、母親によって左手の小指の先を切断されてしまったため、指が不格好であるとされています。

母親が猫猫の小指を切断した理由とは?

なぜ、猫猫が小指を切断されてしまったのでしょうか?

その理由は、猫猫が当時はやっていた「指切り」というおまじないなのだそうです。

今でも「指切りげんまん」ってありますよね。「嘘ついたら針千本飲ます」っていうやつ。本当にやった人は見たことないですが・・・。

アニメ第18話 猫猫の母親

妓楼のNO1妓女であった猫猫の母は、客の一人であった猫猫の父に恋をしてしまいます。

高飛車で思いをつけることのできなかった猫猫の母(鳳仙)は、妊娠しやすい日を選んで、猫猫の父(羅漢)と一夜を過ごし、思惑通りに妊娠しました。

猫猫の父親(羅漢)

ところが、突然羅漢と連絡が取れなくなります。

妊娠を理由に、羅漢に身請けしてもらおうと考えていた鳳仙は、絶望ですね(_ _;)

妓女は妊娠すると価値が下がってしまう。その価値は、0以下。つまり「マイナス」です・・・。

絶望しながら出産した鳳仙は、自分の小指(丸々1本)と生まれた娘(猫猫)の小指の先を切り落とし、羅漢に送りつけます。

といった狂気すら感じる虐待エピソードにより、猫猫の左手小指は不格好になってしまったんですね( ;∀;)  (ちなみに日向夏先生の「薬屋のひとりごと」原作は、グロイ展開が多いです。)

※指の先は切られても、赤ちゃんのうちは伸びてくるそうです。

ちなみにオープニングの舞のシーンでは、指は綺麗になっています。

スポンサーリンク

猫猫が小指を見つめるのはなぜ?

猫猫は、小指を見つめながらどんなことを考えているのでしょうか。

恋愛に対して懐疑的・・・思うところがある?

第3話芙蓉妃の回で、主上を欺き、後宮を出て意中の男性の元へ行き、幸せそうな芙蓉妃を見て、「恋が女を美しくするのであれば、どんな薬になるだろう」と言いながら、自分の小指を見つめます

恋に落ちて、堕落していった母。

恋愛に振り回されるなんてばかばかしい、と思っていた猫猫に対し、恋をして、主上を欺き、幸せそうな芙蓉妃はどう見えたのでしょうか?

芙蓉妃が、主上を欺いて後宮を出ようとしているという事実を知りながら、ジンシに報告しなかった猫猫。

芙蓉妃の恋を応援したい、というより、主上を欺いてまで2年間思い続けた武官のもとへ行こうとした芙蓉妃の結末に興味があったのかもしれませんね!

猫猫両親の出会い~猫猫誕生のエピソードへの伏線?

2023年10月に放送が始まったアニメ「薬屋のひとりごと」。2クールの放送が決まっているのですが、「どこまでやるんだろう?」と噂になっています。

猫猫が小指を見つめるシーンは、父母の出会いの物語の伏線であることから、小説2巻の「鳳仙花と片喰(かたばみ)」を含む、小説2巻の最後までが放送されるのではないか?と考えられます。

猫猫の母・鳳仙が、妊娠することで妓女としての価値をほぼ0にし、羅漢に身請けしてもらおうと考えたのも、3話芙蓉の話に通じますね!

今後の放送が楽しみです♪

薬屋アニメ3話解説❁芙蓉妃の「下賜」が「かわいそう」な理由とは?
アニメ「薬屋のひとりごと」第3話で、武官へ下賜(かし)された芙蓉(フヨウ)妃。 挿入歌も入り、感動的なお話でしたが、「芙蓉って何?」「武官へ下賜って何?」などわかりにくい部分もありました。 今回は、夢遊病のお姫様・芙蓉妃をめぐるお話や「月下の芙蓉」の意味、「下賜」とは何かについて解説します。 アニメ「薬屋のひとりごと」第3話解説! 壬氏から「夢遊病の姫」の調査を依頼された猫猫。 芙蓉(フヨウ)妃の様子を見て、「仮病」であると気づいた猫猫ですが、同時に芙蓉妃が仮病を使う「理由」についても気づいてしまったため、芙蓉妃が下賜され、後宮を出るその日まで理由は公言せずにいました。 それぞれのエピソードに...
薬屋アニメ4話の作画崩壊はなぜ?1話~3話との比較画像がヤバい!
2023年10月放送開始のアニメ「薬屋のひとりごと」 第3話のラストに放送された第4話「恫喝」の予告を見た人たちからは「作画崩壊がヤバくて残念」の声が多く上がっています。 アニメ「薬屋のひとりごと」は、第4話にして早くも作画崩壊してしまったのでしょうか。検証してみました。 早くも作画崩壊?!アニメ「薬屋のひとりごと」第4話を心配する声 10月22日に初回放送されたアニメ「薬屋のひとりごと」。 初回3話一挙放送ということもあり、深夜に放送するにはもったいないくらいの作画クオリティに注目が集まっていました。 それだけに第3話のラストに放送された「第4話の予告」の映像に「作画崩壊」を残念がる声も集ま...
薬屋のひとりごとOP「花になって」の歌詞&映像の意味!※ネタバレ注意
2023年10月22日放送開始のアニメ「薬屋のひとりごと」。 初回放送のしょっぱなから流れたOPに注目が集まっています。 緑黄色社会「花になって」の歌詞と、映像の意味について解説します。 ※小説14巻までの内容を含みます。ネタバレ多め。注意です! 薬屋のひとりごとOP「花になって」の歌詞&映像の意味を考察! 「つぼみのような花だってあんじゃない?」 陰にそっと隠れようがいんじゃない? つぼみのような花だってあんじゃない? で始まるオープニング。背景には、次から次へと花が咲き、散っていきます。 この映像は、「後宮の花」を表現しています。 後宮は、帝の子を育むことろ。その妃となる女性たちは次々に現...
薬屋のひとりごとOP感想「違う」!「花になって」映像もひどくて違和感
2023年10月22日に放送が始まったアニメ「薬屋のひとりごと」。 原作小説&コミックが人気でアニメ化待望の作品だったので、アニメ化と共に主題歌にも期待が集まっていました。 それだけに、初回「猫猫(マオマオ)」で放送されたオープニングソング「花になって」に、「違和感がある」「ひどい」「なんか違う」という感想をもった方が多いようです。 アニメ「薬屋のひとりごと」OP感想→違和感!ひどい!違う!が多数 薬屋のひとりごとなんだけど、オープニング曲がなんか違うんだよなぁと感じてしまう — Mia' Molkot @unicorn(抹茶ラテ) (@mi_mi_piyu) October 21, 2023...
スポンサーリンク
アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
umi-necoをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

error: クリックできません。