【画像】黒柳徹子が太った理由3選!車いす・浮腫・爆食が原因?

スポンサーリンク

2023年の映画「窓ぎわのトットちゃん」公開を受けて、黒柳徹子が太った!と話題になっています。

黒柳徹子さんは、いつごろ、なぜ太ってしまったのでしょうか。

この記事では、黒柳徹子さんが太った理由として考えられる、車いす・浮腫・爆食について考察していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【画像】黒柳徹子が太った?「窓ぎわのトットちゃん」で話題に

「徹子の部屋」で有名な女優でタレントの黒柳徹子さんは、1933年8月9日生まれの90歳。

2023年12月の黒柳徹子さんの画像を見てみましょう。

顔がパンパンです!

体のラインはドレスで隠していますが、激太りしているようにも感じます。

2017年の画像と比べてみると、一目瞭然です。

世間の声は・・・

とやはり「太った」と感じている方が多いようです。

スポンサーリンク

黒柳徹子が太ったのはいつ?

黒柳徹子さんが太ったのはいつなのでしょうか。

黒柳徹子2023年

調べてみると、最近太ったわけではなく、10年ほど前から、黒柳徹子さんがメディアに出るたびに「太った」という声が上がっているようです。

2022年の声

黒柳徹子2022年

2023年ほどお顔はパンパンではありませんが、体格はしっかりしているように見えますね。

2021年の声

黒柳徹子2021年

ウエストの部分がわかりにくい洋服なので、太っているようにも見えますが、体のラインはよくわかりませんね。

テレビで動く黒柳徹子さんを見て「太った?」と感じた方が多かったようです。

2020年の声

黒柳徹子2020年

お腹周りが太っているように見えます。

2018年の声

黒柳徹子2018年

2023年の画像と比べると、痩せているようにも感じます。

しかし過去の黒柳徹子さんと比べて、「太った」と感じている人が多いようです。

2017年の声

黒柳徹子2017年

黒柳徹子さんは、ウエストが「肩幅」と同じくらいに見えますね。

「太った」と言われるのも、意外とウエストがあるから、なのかもしれません。

黒柳徹子さんの特徴的な玉ねぎヘアと相まって、映画「千と千尋の神隠し」の湯婆婆を連想する人も・・・

2016年の声

黒柳徹子2016年

やはり、お腹周りが太く見えますが、83歳というお年を感じさせないフレッシュさです。

2015年の声

黒柳徹子2015年

2015年の紅白の司会を務めた黒柳徹子さん。顔が丸くてかわいらしいですね。

2014年の声

黒柳徹子2014年

お顔は今よりもだいぶ細いですが、お腹周りはしっかりしていることがわかります。

この時、黒柳徹子さんは80歳。ポスターの中の青いドレスの黒柳徹子さんは、自身の「20代のころにそっくり」なのだそうです。

スポンサーリンク

黒柳徹子が太った理由!原因は車いす・浮腫・爆食?

ここ10年の画像だと、ウエストが太い印象の黒柳徹子さん。

デビュー当時はこんな感じで、ウエストも細く、メリハリのある体つきだったのですね!

デビュー当時の黒柳徹子さん

黒柳徹子さんは、いつ、どのような理由で太ってしまったのでしょうか。

その理由として以下の3つが挙げられます。

  • 理由①車いす生活
  • 理由②浮腫の影響か
  • 理由③爆食

一つずつ見ていきましょう。

黒柳徹子が太った理由①車いす生活

黒柳徹子さんは、2017年8月末に足(大腿骨)を骨折して、手術を受けました。

その後もしばらくは車いすでの生活を余儀なくされていました。

2017年10月出演の舞台「思い出のカルテット」では、もともと「足の悪い役」であったことから、「車いす」の乗って演じることになったそうです。

84歳でのこのパワーすごいですね!

黒柳徹子が太った理由②浮腫の影響か

黒柳徹子さんは、2023年2月に「重度の浮腫」で入院したことを公表しています。

浮腫とは、体内に余分な水分が溜まってしまう病気。

黒柳徹子さんは、浮腫でむくんでいるために、「太った」ように見えるのかもしれませんね。

浮腫の原因は、心臓病、腎臓病、肝臓病、甲状腺の病気、薬の副作用などさまざまです。

最近では、黒柳徹子さんは、息切れをする様子が見られることから、循環器系がよくないのかもしれません。

黒柳徹子が太った理由③爆食

そんな黒柳徹子さんですが、「爆食」でも知られています。

おいしそうにどんどん食べる様子が、素敵ですね!

病気で太っているだけだとしたらかわいそうにも感じますが、90歳を迎え、好きなことを楽しめているのはいいですね!

 

スポンサーリンク
芸能人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
umi-necoをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

error: クリックできません。