【画像】阪神高速事故の軽自動車の車種!ダイハツ・ミライース?

スポンサーリンク

2024年1月19日、阪神高速道路で渋滞中の軽自動車がトラックに追突され、厚さ30センチまで押しつぶされてしまう事故が起きました。

つぶれてしまった軽自動車の車種は、ダイハツのミライースと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

阪神高速事故の軽自動車の車種は何?

2024年1月19日、阪神高速道路で渋滞中の軽自動車がトラックに追突され、厚さ30センチまで押しつぶされてしまう事故が起きました。

軽自動車に乗っていた70代のご夫婦は亡くなったそうです。

ここまで押しつぶされてしまうと、その衝撃・速さは並みのものではありませんね。

プレス機でプレスされたようになっています。

シルバーの軽自動車のようですが、車種は何なのでしょうか。

スポンサーリンク

特定?軽自動車の車種はダイハツ・ミライース

X(旧Twitter)上では、阪神高速の事故でつぶされた軽自動車の車種は「ダイハツのミライース」だという声が多いようです。

X(旧Twitter)上では「ダイハツのミライース」という声が多いようですね。

70代のご夫婦なので、中古車のミライースに乗っていた可能性は高そうです。

スポンサーリンク

軽自動車・ダイハツの初代ミライースとは?

ダイハツの軽自動車LA300sミライースとはどのような車なのでしょうか。

ダイハツの軽自動車ミライースは「第3のエコカー」をコンセプトに2011年に発売されました。

30㎞/Lという燃費の良さが特徴です。家計にやさしいですね!

初代ミライース発売は2011年~

2009年に発売されたイースから、部材配置・形状・材料選定、仕様を見直し、部品数の削減や約60kgの車体軽量化を実現しました。

車体価格は80万円~122万円とリーズナブルです!

初代ミライースは2011年~2017年に発売。

現在中古車市場で取引されている初代ミライース(2011年モデル)の価格は14~125万円です。

ミライースはダイハツ不正問題により現在は生産中止

2017年5月からは2代目ミライースになっていますが、2023年ダイハツの不正問題により、現在は生産中止になっています。

 

 

スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
umi-necoをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

error: クリックできません。